topへ戻る


ひとつ戻る

瀬戸墨流小皿

瀬戸本業窯の石皿をデザイン化されたもので墨流し皿(絵瀬戸)がある。
わりと好きなデザインだが、人気があるため高い。石皿は大きいからいくつも買うより、これぞ気に入った!というのが一つあればいいと思っている。
室内骨董市で良く行くイベントは、何周も何周も回る癖がある。
その日はなかなか気に入ったものがみつからず、半ば疲れて何かないか、ないかと集中力にかけてきた頃、端のほうの店のまた端のほうに小皿が混ざっておいてあった。
良くみると、墨が流したような模様で、ボディが瀬戸。
これは・・と思い、
「おじさん、これ幾ら?」
値段が貼ってない。
「えーーっと、幾らだったかな○千円でいいよ、これは墨流しっていってねー、いいでしょー」
内心、知ってるよ!と思いながら、ウンウンとうなずき聞く。
「ありがとー、もらっていきます」
そのとき、一つ買えて喜んで、仲の良い友達に得意にみせた。
墨流しで小皿だ!なかなかないんだ・・と得意満点。
「なに現代もの買ってんの」
「え・・・」
「それ、今瀬戸でいっぱいつくってる現代ものだよ」
「・・・・」
そういわれて、他のブースにある瀬戸系のものと見比べてみると、どうも肌が新しい感じだ。
『絵瀬戸』『墨流し』『小皿…珍品』
こんな感じの図式で物を良く見ていなかった。
品物に罪はないので、 ウンチク図式で買った愚かな例の話である。



◆間違ったポイント◆

ウンチク図式で買ったことが失敗のもと。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO